競馬の部屋

2014年11月30日 (日)

馬生いろいろ、お馬さんもいろいろ。

競馬の世界では日常茶飯事のことですが、悲しいことに先日もお馬さんがレース中に故障を発生し亡くなりました。

そのお馬さんは以前、レース中に走行妨害を受け転倒、その後、事故を乗り越えて復活したことで人気を得、その後も中央競馬で走り続けたのですが、事故の有ったレース以降24回出走したものの、その後は一度も勝ち鞍を重ねることなく34戦3勝の戦績を残して亡くなってしまいました。

ここからはあくまでもオバちゃんの主観です。

このお馬さんの競走馬馬生ってしあわせやったんやろか…。

オバちゃんの競馬はクリークが基準なので、あんまりアテにはならんのですが、中央競馬の5歳馬で34戦って多くないんですか? 

クリークの孫にスリーバリアントというお馬さんが居ます。
中央でデビューしたものの全く目が出ず、地方に転厩、そこで3戦2勝出来たのでまたちょこっと中央へ戻ってみたもののまたまた散々な戦績…、再び地方競馬に戻ります。それからは7連勝したり7連敗したり…いよいよダメかと思っていたら先日、やっとこさ、また目が明きました~~heart04suncrying 

このスリーバリアントが34戦12勝です、デビューは亡くなったお馬さんより半年早かったのに。

亡くなったお馬さんはその気性面から、引退しても誘導馬や乗馬への転職が難しいから競走馬で居続けたそうですが、地方への転出は何故行われなかったんかな…。地方へ転厩するってそんなにみっともないこと? 地方へ行くのがダメならせめてもうちょっとまとまった「お休み」をあげてもよかったんちゃうの? 走行妨害を受けた後でさえわずか2か月休んだだけ、その後、どんなに勝てなくったってせいぜい3~4か月休むだけ…。

走っても走っても勝てない勝負の連続、お馬さんは馬鹿じゃありません、すっごいストレスになっていたのでは…。それでなくとも小柄なお馬さん(スリーバリアントより70キロも軽い)なのに、スリーバリアントより重い斤量背負って走ってたんですよ…。

誰も言わんからオバちゃんが言うたる、これって「使い過ぎ」やったんちゃうのんかsign03

ファンの人、亡くなってからセンチな言葉綴るのもエエけど、生きて頑張ってる時に「もっと休ませたって!」とか「もっと適材適所の場で走らせたって!」って言うべき違ごたんちゃうかな…weep 亡くなってなお「有馬記念の出走に一票、入れてきました」と語り合うのも全くわからん…。

オバちゃんに好き勝手言わせてもらうと、お馬さんが亡くなった遠因にファンの「オカシナ愛情」があると思うよ…。

変やな、おかしいなと思いながら傍観してたオバちゃんも結果的には同罪なんやけどね…堪忍やで、亡くなったお馬さん…。

Photo

これからは好きなだけ休んで、好きに走って、いっぱい勝つんやで…。