かんぱちさんの部屋

2015年10月25日 (日)

どうなってんの。

子どもの道連れでファンになって一年余りのかんぱちさん。

オバちゃんが彼らのファンになってから十祭・’14-15のライブ・’15夏のリサイタル、そして今回の’15-16のライブと4回のライブに申し込む機会がありました。
まだまだ駆け出しファンの身としてはこのライブチケットの入手方法にイロイロ悩ましいことが多く、いっそファン同士でデータを出し合い、より良いライブチケット入手方法を研究したらいいのでは?と思うのですが、なんか、新米ファンのオバちゃんにはわからん不文律でもあるのか、かんぱちさんファンの方のブログを覗いても、皆さん、当たった外れたの結果を述べるだけで、ライブチケット入手に至る経緯は一切、お書きにならんのですよねえ、なんでやろ?
で、オバちゃんは書いてくことにしました。
と、言ってもオバちゃんの作戦はただひとつ。
土日開催の会場を全部、第一希望にして申し込むこと。
かんぱちさんのライブは、一回の応募で第一~第三希望まで、「何処でもよい」も含めると第四希望までが一度に申し込めます。但し、一名義で同じ公演は申し込めません。
で、オバちゃんは面倒でも参加できそうな土日公演を全部、第一希望にしてそれ以下の希望はなし、という申し込み方をしてきました。
だって、やっぱ、会場に対して「第一希望」で申し込んでいる人から抽選にかけられるんだと思って。
でも今回、結果が出た後、あるかんぱちさんファンの方のツイッターを覗いて、はた!と気が付きました。あるファンの方が「第一希望の東京公演には落選したけど第二希望の名古屋に当選した」と書き込んでいらしたのです。
アホなオバちゃん、今更ながら気が付きました。
かんぱちさんの抽選方法って、「会場」に対しての第一希望者から選ぶのではなく、まず「当選者」を抽出、その中の第一希望では定員に満たなかった会場人数を「はずれ当選者」の中から「第二希望」にその会場を指定している人を抽出する、という抽選方法だったのでしょうか。
かんぱちさんのライブなら、第一希望者だけで、第二希望者を募るまでもなく定員一杯になるであろうにわざわざ、第一希望以下を聞く、ってことはまず「当選者」を抽出してその希望を聞いていく、ってことですよね。
ということは、オバちゃんのすべて「第一希望」のみにして申し込む方法より、1回の申し込みに第三希望まで書き込む方が有利やったんか?
単純なオバちゃんは、かんぱちさんのライブなら、第一希望者だけで定員いっぱいになるであろうからとにかく「第一希望」で申し込むのが一番と思ってたけど、「第二」・「第三」・「どこでも」という選択肢があると言うことは、抽選に引っかかったチャンスを使い切るという意味で、第二・第三希望までを書くほうが当選する可能性が広がってたんやね…。
でもそうなるともうひとつのギモンが…。
オバちゃんのこれまでの戦績。
「十祭」・・・大阪1公演当選
「’14-15のライブ」・・・札幌と福岡1公演づつ当選
「’15夏のリサイタル」・・・岩手1公演当選。
そして今回から、当選確率UPのため、オバちゃんもファンクラブに入会、子どもとの2名義で、行ける日程の公演を半分ずつにして、それぞれ全部、「第一希望」で申し込みました。
その結果は、
「’15-16のライブ」・・・親子で福岡1公演づつ。
という結果でした。
そう、全回、当選はしてるんです。
但し、遠方ばっかり。
・・・。これってどうなんでしょうかね。
「当選者」をまず選ぶ方式なら、全回引っかかるのはすんごい運がエエということがなんやろうけど。
東京と大阪しか公演のなかった「十祭」を除けば、全部、遠方でっせ。
ホントに「会場」からでなく、まずは「当選者」を選んで第一希望から聞いてくれるんなら、全滅、全滅が言われるなか、こんなに当たるのにそれがすべて「遠方」ばっかりになる? 
もしかしたら、遠方だけは「会場」で抽出、「第一希望」にしとけば当選する、っていうこと?
札幌・福岡公演を第一希望にして落選した人、いらっしゃるんやろか? 確かに去年の札幌の公演、お席も悪かったけど空席が何席かあったな・・。
(ちなみに今年は、りんご娘が昨年、飛行機が大揺れに揺れたのでもう、札幌は行きたくない、と言うので申し込みませんでした)
ということは今後は、福岡公演は保険として第一希望で申し込み、後の東京・名古屋・大阪は第一~第三希望で重複しない組み合わせにして申し込む、ちゅうのが最善の申し込み方法ということ??????
今後はかんぱちさんライブ鑑賞における「トイレ問題」とならび、オバちゃんの研究課題と致しまっせ。年に一回しか研究発表できんのが残念やけど・・・。

2015年9月 6日 (日)

オバちゃんの「LALALA」

以前に、りんご娘に連れられて映画は良く観に行くと書きました。
そのブログに付けたタイトルは「寝ない映画をしばらく観ない」
そう、観に行くには行くんですが、どうも途中から寝ちゃう映画ばっかり連れて行かれるんですね。
正直、これも少しだけ寝ましたcoldsweats01 でもとっても面白い映画でした。で、DVDを買いました。
 
「味園ユニバース」

Ecd51011be1bfc6099efcdafea463d04

これまで、どうしょうもない生き方をしてきた男が自業自得とは言え、暴力沙汰から健忘症になる。

家族はおろか、記憶までなくしてしまった男がたったひとつ失わなかったものが「歌うこと」が好きな気持ち。その男がやがて記憶を取り戻し、再びやさぐれた生活に戻ってしまう寸でのところで「歌」を通して知り合った仲間たちに「歌う」世界へ連れ戻される、というお話です。

面白い映画でした。寝たくせになんやねん!と言われそうですが coldsweats01

主人公はかんぱちの赤さん。一説ではそれを踏まえてのキャスティングだったらしいのですが、この赤さんも歌うこと以外は赤ちゃんみたいと自分で言っているようなひと。

主人公が記憶を無くしている間、「ポチ男」と呼ばれるんですが、その「ポチ男」期の演技がとっても良いんです。少しでも「自分」を集めようとするように医師からレントゲン写真をもらい受け、大切にしまい込む様子やヤミ診療代500円をお財布から出す様子、いじらしい演技がホントにいじらしくて。歌の上手い歌い手さんは演技をさせても上手い、というのはよく言われることですが、ホンマなんやとつくづく思いました。

で、この映画を海外に持ってった時のタイトルが、これまたステキなんです。

「 LALALA AT  ROCK  BOTTOM 」

D761c455

    どんな意味なのか翻訳サイトでお尋ねしたら、「どん底のLALALA」。

    この「LALALA」ってどんな意味があるのか、ネットでお尋ねしたら、『 LALALA(名詞) などなど、何とかかんとか、かくかくしかじか、エトセトラ、何々何々◆重要でないと思われる部分を省略する時に使う表現。 』 とのこと。

    この映画を表現するのに「どん底のかくかくしかじか」ってのも悪くないんですが、オバちゃん、この「LALALA」はそうじゃない気がする。

    「ラララ」って、口ずさむと楽しい気分になる音節ですよね。

    赤さん演じるポチ男こと茂雄がどん底の気分の生活の中で「ラララ」に救われ再生していく、そんな意味に思えました。

    茂雄にとって、どんなに落ち込んだ時にも救われる気分になれるのが「ラララ」≒音楽だったように。

    いつもながらの長い前置きはさておき、このタイトルを見た時、思ったのがオバちゃんにとっての「ラララ」。

    言わんでもバレてます?

    気分が落ち込むとき、疲れたとき、悲しいとき、しんどいとき。 

    思い浮かべるだけで救われる気分にしてくれる「LALALA」。


    そう、オバちゃんにとって「ラララ」はこれしかあり得ない。

    24



2015年8月22日 (土)

こんなところで銀河鉄道。

ご無沙汰しております。

お盆休みも終わり、気怠い一週間をやっとこさ終え、ホッと一息のオバちゃんです。
オバちゃん、お盆休みはこんなところに行って来ました。

4

そう、りんご娘がご贔屓で、オバちゃんもミイラ取りがミイラになったかんぱちさんの「リサイタル」。
今回も遠方でっせ・・・crying  

3

緑の屋根がまぶしいアイスアリーナ、・・・そう、盛岡でんがな。
何を隠そう、オバちゃんの卒論は「宮沢賢治」。
盛岡と言えば憧れの地、行ってみたいところは山ほどあったのに立ち寄ったのは駅前のホテルとココとココに隣接するスーパーに行ったのみ、でしたweep
 
どーでもいい話はさておき、今回もオバちゃんのかんぱちさんライブ鑑賞における最大の関心事、「トイレ事情」について語りましょう。
過去、イベントを含めて今回で5度目のかんぱちさんライブ鑑賞、一つの法則がございましたね。
今回もチケットが届き、ライブ当日の「運営」を確認した時から安心しておりました。
そう「キョードーさんなら大丈夫」の法則でんがな。このライブの運営は「キョードー東北」さんheart01
 
オバちゃんが行く前週、長野で行われたリサイタルでは色々と悲惨な状況があったと聞き、一抹の不安があったものの、行きのシャトルバスに乗った途端、そんな不安は解消しました。
オバちゃんが持ち合わせる「シャトルバス」のイメージは、満員乗車とピストン運転。
それがこの日のシャトルバスと言えば400円の料金にそぐわぬ豪華な観光バスで、クーラーの効いたゆったりきれいな車内、それがわずか10分ほどの乗車時間で会場に連れて行っていただけました。
そして、会場に着いて一番に目についたのがコレ。

2

そう、長居の十祭会場で感動?!した仮設トイレheart04
半世紀を生きたおばちゃんと言えど、夏場は嫌ほど汗をかきますんで、正直、多少の水分を取ろうが大丈夫なんですが、”行きたくなったらどうしょう?”と思いながらライブ鑑賞するのと、”行きたくなったら何時でも行ける!”と思える状況で居るのは安心感が違いまんがなheart02
いつものキョードーさんらしく、聞きたいときに何でも聞けるスタッフさんたちは安定の「いっぱい」やったしねwink
でも、今回は全会場中、最小の収容人数で見せてもらえる環境が何より幸いしたんやろね。
実際、お近づきタイムには、この目の悪いオバちゃんはがかんぱちさんのスネ毛まで見えた距離でした。
 
行きと帰りに、東京で途中下車して原宿引き回しの刑にあったことを除けば、楽しい旅行となりました。
 
こんなところで思わぬこんなものにあったしね。

1

いゃ~銀河鉄道やんかいさ~heart01
 
えっ、リサイタルの感想?
オバちゃんのへっぽこブログがそんなもん、書けまっかいな。
そやな、舞台のモニターのカメラマンさんが始終、ニコニコしてらしたり、かんぱちさんたちが乗る手押し車?!を押していらっしゃるスタッフさんがかんぱちさんと一緒に歌を口ずさんでいらしたのが素敵で印象的でした。
それと、ラストのバンド曲2曲が、音響の感じが良い意味で学校の文化祭みたいで、楽し気なかんぱちさんの様子と共に微笑ましく楽しませてもらいました、ってトコかなhappy01

2015年6月13日 (土)

黒さんの舞台を観に。

日頃こんな景色を眺めながら車通勤しているオバちゃんが

001_2

こんな景色の街にお出掛けしてきた。

002

ゴジラもいた。

003

「東京に空が無い」と智恵子さんも言うたはったけど、ほんま、東京に出掛ける度、東京には「ほんとの空」がないといつも思う。

確かに東京は便利な街だ、なんでも手に入るしね。けど、住みたいとは到底、思えない。

東京にもこれ見よがしの緑はあったけど、オバちゃんに言わせるとなんと胡散臭い緑…。ほんま、東京に出掛ける度、無性に腹が立ってくるのはナゼ…。

そうそう、東京に出掛けた目的はコレ。

Photo

りんご娘御贔屓のかんぱち・黒さんの舞台。

△のは、ヒトが映り込んだので修正しました。

東京と大阪でしか上演されず、大阪は申し込むも全滅、しかたなく東京くんだりまで出掛けた次第です。

円形の雰囲気のある劇場で幕間なしの二時間余り。舞台もお寺の庫裏1場面のみ、出演者は7人だけ、と言う構成でした。

先にご覧になった人のブログを観る前に覗いたら「号泣」とか書いてあって、どんなんやと思てたらなんの、これっぽちも号泣しませんでした。どの辺で号泣したのか聞かせてほしいもんです。

文句言うてんのとちゃいまっせ。

黒さんの東京弁の違和感を覗けば面白かった舞台でした。時々、放り込まれる「ココ、笑うとこでっせ」的なセリフが気になった以外は、ね。

黒さんの一生懸命さが伝わってきて微笑ましかったし。

加賀まりこさんがすっごいきれいだったのも印象的。

山崎一さんも面白かった。

芸達者な共演者に囲まれて良い舞台でした。

こんな舞台が務められても、TVだと主役はまわって来ないんだから芸能人ってキビシイんだなぁとつくづく思ったオバちゃんでした。

1泊2日の旅行で、帰りのオバちゃんの財布に残ったのは駅前の駐車場に止めた車の駐車料金1000円と僅かな小銭のみ…。

今回もりんご娘にせがまれておのぼりさんコースの原宿辺りをうろちょろさせられ、「ここにしか売ってへん」と言う脅し文句のもと、さんざんたかられましたcrying

なんかオバちゃんも買わねば、と買ったものはコレ。

オバちゃん御贔屓の橙さん。

008

・・・・・・ところがどっこい、このお土産にはオチが出来てしまいましてね・・・。

007

・・・・・以前に買ってたのをすっかり忘れ、見事にダブってたのよ・・・。

・・・クリークの写真なら、こんな失敗しいひんのにな・・・。

2015年1月12日 (月)

福岡で取りこぼした「オモ○ダマ」を大阪で拾う。

昨年は母方の祖母が亡くなったので「お祝いごと」はしなかったお正月。

昨夏、同居でない母方の祖母が亡くなったことが「喪中」に当たるのか年末のドタバタで調べる時間もないまま、喪中ハガキも出しそびれたので致し方なく、初めてパソコンで年賀状を作成(ホントは凝り性なのでパソコンで好きに年賀状が作れるとなると凝って時間が掛かってしまうのがコワかったのだけれど、準備を始めたのが25日を過ぎてしまい、追い詰められ一晩で作れましたcoldsweats01)、初詣とおせちは自粛というヘンなお正月を過ごしました。

なので3・4日で人生初のお正月に遠出、してきました。

アレですがなcatface 
りんご娘が部活を頑張り通した「ニンジン」のライブ鑑賞。なぜか、ファンの隠語では「参戦」と言うらしいんですが。好きなお人のライブ鑑賞が「参戦」ってねぇ・・・。

それはさておき、かんぱちさんのライブにおける「トイレ事情」をアツく語る第3弾です。
今回は福岡のヤフオクドーム。行く前から安心してました。だって「運営」がキョードー西日本さんでっせhappy02

そしてやっぱり期待を裏切らない運営=トイレ、でした。

Photo

これよ、これ。
なぁ~んで、札幌の時、これをやらんのか不思議だったもんね。
何かって? 男子トイレの女子用化やんかいさsmile

男性にはご迷惑をお掛けして申し訳ないけど、なんといってもおそらく全観客の一割にもみたない男性人数、こうしてもろたらホント、助かりますよね~coldsweats01

これは入場する前の外側のトイレで、さすがに少ないと言っても同じ料金を支払った大事なお客様、中に入ってのトイレはちゃんと男性用は男性用のまま、確保されてました。でもこれまたさすがのキョードーさん、中のトイレはすんごい行列でしたけど、たくさんのスタッフさんがそここに立ってくださってて行列も整然とし、多いながらも30分足らずで利用し終えました。キョードーさんはとにかくヤフオクドーム、このあと行く京セラドームもスタッフが多いので何をするにも安心。入場口もたくさん設けられてたしね。

ただ、今回のヤフオクドーム、このあと行く京セラドームと並べて考えてみると、札幌ドームがポツンと立っているドームだったのはトイレ問題を考える上で気の毒だったよね、キツイこと言って半分、堪忍やでcoldsweats01  ヤフオクドームと京セラドームは大規模な商業施設に隣接しててトイレ人口が結構、分散しました。今後も当然、5大ドーム有ると思うので札幌は要注意ですな。

で、トイレの環境に問題はなく、快適にライブ鑑賞させてもろたのに、今回、オバちゃん、痛恨の途中退席トイレに行っちまいましたweep

今回はいわゆる天井席と呼ばれる席であったにも係わらず、ネット裏だったせいか会場全体がよぉ~く見えて、かんぱちさんがバッグステージにやって来ようもんなら、この目の悪いオバちゃんが初めて、モニターを見んでも肉眼で誰がどれか判る、とぉ~っても良い席やったのよhappy01

…ただ、何故か天井から冷気が出ていて(かんぱちさんに当てるスポットライト係さんの近くだったので、傍で機械を操るスタッフさんが機械から発する熱で暑かろうと気遣われたもの?)、めちゃくちゃ冷えて来ましてねcatface  ドーム前のホテルから出るとき、さらに開演前にも行列に並んで用を足しておいたにもかかわらず、もうちょっとでライブも終わりと言うときになってトイレに行きたくなりました…。…、お隣のお嬢さんが終演してアンコールのエイトコールが会場内を響き渡る中、席を立たれましてねぇ…オバちゃんもチャ~ンスheart01とばかりにトイレに駆け込んでしまいました…。

トイレに行ってみると結構、利用者がいらっしゃいまして…、アンコール待ちって、トイレタイムなんや~と新しいライブの知恵を得てイソイソと席に戻ってみると、な・な・なんと聞こえて来るのはオバちゃんの好きな「オモ○ダマ」やおまへんかーshock …やってもうた。札幌でアンコールは「オモ○ダマ」なん知ってたのに、トイレに立つチャンスを掴むことに気を取られ…好きな曲の三分の一、聞き逃しましたcrying

で、今回のオバちゃんの関ジャ○ズムライブツアー鑑賞は心残りのまま、終了しちゃったんですねdespair

ところが、オマケのように「レコメンの公開録音」ちゅうのに当たりまして、ツアー最終週の京セラドームにお邪魔してきました。中高生の時以来、車の運転中以外はラジオを聞かないオバちゃん、「レコメン」聞いたこともないのに申し訳ないcoldsweats01

で、おもしろかったですわ、コレが。
以前、大阪の芸人さんが、かんぱちさんのメンバーのなかで「笑い」に一番、達者なのは赤さんやと言うたはると芸能レポーターが言っていたのを聞いて以来、赤さんのしゃべくりには注目してるんですけど、ホント、おもろいnote

あの4万人にひとりの素人さん相手のトークは赤さんで良かったhappy02
いや、赤さんでないとあんな風に盛り上がらんかったわ、きっとhappy01

それだけで、エエもん見せてもろておおきに指数100%やったのに、福岡で取りこぼして来た「オモ○ダマ」、聞かせてもらいましたがなーhappy02

と、言う訳で満足に終わった関ジャニズム、めでたしめでたしhappy01

そのツアーも今日で終わりですな。

オバちゃんちのER人形さんにたこ焼きと明太子でもごちそうしとこーsmile

011_2

えっ、結局、ツアーの感想は?って?

ん~、そんなん言えたらオバちゃんちゃうわsign01と、言いたいトコやけど、ひとつだけ。

「L○FE」は圧巻でした、ってことやね。

2014年11月24日 (月)

北の大地でキョードー関西のスゴさを知る。

最近、土曜となるとリンゴ娘を潜り込ませる学校探しに忙しいオバちゃんですcrying

自分がその頃には、受験期になると、受験当日に道に迷わないよう、志望校への道順を確認がてら、その学校の前まで行ってみる程度だったのが、今ではオープンスクールと銘打ち、授業やクラブ活動を体験させてくれたり、学食で食事体験?!をさせてくれたり、オヤツまでいただいたり…。その後も相談会・説明会と最低でも入学試験前に3度も学校を訪れるシステムになってるんですねぇwobbly 志望校を絞りきれないとその数たるや…weep

で、学校に行く度に学校の名前の印刷されたカバンにパンフレットやペン、クリアファイルなどをくださるんですね…こんなんイランから、学費を下げて…sad

と、またまた脱線話が長くなりましたcoldsweats01

「名前の印刷されたカバン」と言えば、かんぱちさんのツアーの度に販売されるバック。

皆さん、購入後、即、ご使用なさってますが、オバちゃん、今回シミジミ思ったことがあります。

ファンの皆さん、あのカバンを持ったなら、お行儀よく行動しましょうね…。

あのカバンを持つということはかんぱちさんのファンであることを公言するようなもんです。

なのに、恥ずかしい行動をしちゃうと…。

札幌の街ですれ違った母娘さんが「今日はほっぺにシールを貼ったお姉さんが多いね~」言うたはりました。こんな方たちにかんぱちさんのファンってエエなzと思われるファンでいたいものですよねwink

なんてエラそうに言うても、オバちゃんにとってはたった2度目の公演だった今回、比べる対象が前回の大阪の十○だったワケですが、つくづく、前回の運営の手際の良さを確認する結果となりました。

大阪で、そのスタッフの数の多さに驚いたことを書きましたが、今回は比べてその少なさにビックリしましたshock 聞きたい時に聞く人が居ませんでした…。スタッフが少ないせいか、入場口を制限され、目的の席からとんでもない遠くの入り口から入るため、長い距離を歩かされることになるんですね~。その上、その道もトイレに並ぶ大大大行列と重なって行く人来る人のスペースがなく大混乱状態…、1時間半前には会場に着いたのに、席に辿りついたのは開演30分前でした。

で、開演前にトイレを済まそうと近くのトイレを探すのですがどこも超超超満員、並んでも到底、開演に間に合わないので泣く泣く諦める羽目になりましたweep

公演はと~っても楽しかったよ、でもアタマの2割くらいをず~っと ”公演の最中にトイレに行きたくなったらどうしょう…”と言う考えが占めていて、100%、楽しめんかったやんかいさ~sign03sign03sign03 オバちゃん、てっきり、大阪の時のように仮設で良いので、トイレは増設されてるもんだと思い込んでおりました。

で、もっとヒドいのは、終演後は全トイレが封鎖されたこと。
オバちゃんに余裕?!があったからよかったものの、規制退場がかかって、ドームを脱出できたのは1時間半後やったんやど~~sign03

5万人超の人を集めてこの運営でエエのんか、と思うのはオバちゃんだけ?

公演自体は楽しかったheart04のに、公演以外の部分で気になることの多かった札幌でした。

そんでもって、行きの飛行機がとんでもなく揺れましてね~(機長さんが年に1,2回有ることとおっしゃってましたが)、リンゴ娘が今後は札幌公演には応募せんでいいと言いました…これだけはラッキーsign02

…えっ、肝心の公演の内容? オバちゃんにそんなもん、書けまっかいな。

001

2014年11月17日 (月)

約束を果たしに。

老体にムチ打って、でっかいどうへかんぱちさんを観に行って来た。

りんご娘に、コレをエサに2年半、クラブを頑張らせたもんでcoldsweats01

書きたいことはヤマほどあるけど疲れたので、もう寝ます。

ああ、ギモンを一つだけ。

オバちゃん一押しの橙さんのベースが本妻さんと違った。

本妻ベースを手に入れるために要らんギターやベースも混み込みのセットで買ったコッチが先に役立つことになろうとは…。

オバちゃんの勘違いでなければ橙さんの昨日のは、こんなんやった、気がする。

Honnsai_002

…何でなんかな?

2014年11月 3日 (月)

ファンになっちまいました。

菊花賞、良かったですね。

もう今やお馬さんはとんと判らんのでこの頃は「騎手」から応援してますcoldsweats01

菊花賞を勝った酒井学騎手というお方は、お馬さんに優しい騎手としてオバちゃんのオツムにインプットされてるお方。

一昨年の秋、ブルーキューピットを応援に行ったレースで、レース終了後、騎乗したままお馬さんの首根っこに抱き着いてレースの労をねぎらってあげている騎手がいらっしゃいました。
 その時は、ビリに終わったブルーキューピットしか見ておらず、その首根っこのお馬さんが優勝したもんだと思っていたら掲示板にそのお馬さんの馬番はありませんでした。
 結局、家に戻って確認したそのお馬さんの着順は18頭立ての12着…。新馬戦でドキドキのデビューだったであろうお馬さんをただただ労ってあげてくれていたのだとオバちゃん大感激、それが酒井騎手でした。それ以来の酒井騎手ファンなのでありますhappy02

なんてことを書き始めてほったらかしにしてたらあっという間に一週間、昨日は天皇賞・秋。

今でも菊花賞と天皇賞春秋のレースだけはなんとなく、どこへ出掛けていても気になり、TVを探すオバちゃんですが、昨日、レースを観たのはケーキ屋さんのティールーム。りんご娘が「家帰って観ぃなangrysign01」とぶ~ぶ~言う中、携帯のワンセグで観戦しました。

重賞未勝利馬が勝つ天皇賞…快挙sign01とは喜べないオバちゃんです。そんな「天皇賞」でエエのんか? お馬さんの格なんてもんも今やどうでもよくなったというとこですかね。

イマのケイバで唯一、応援しているフェノーメノ、ダメでしたweep 
やっぱり、長いトコも短いトコも勝つ、ちゅうのはなかなか出来るもんやないんやな、クリークの血脈をもっと大事にしてくれてたら長いトコはもちろん、短いトコも頑張るお馬さん、たくさん生まれたのにな、とクリークを偲ぶ結果となった2014天皇賞・秋でした。

…と今日はこんな話をするつもりと違うたcoldsweats01

もう前みたいに不用意な書き込みでオソロシイ目に遭いたくないので伏字を使用いたします。

オバちゃん、ミイラ取りがミイラになって、と言うか、門前の小僧、習わぬ経を読む、と言うのか、最近、○ジャ二○と言うアイドルグループに関心を寄せております。

りんご娘からほとんど毎日、DVDを見せられ、CDを聞かされてるうちにファンになっちまいましたcoldsweats01

好きとなると凝るのがオバちゃんの性、彼らの過去から現在までを調べているうちに、彼らの扱われ様にクリークに通じるものを感じたりして、今、オバちゃんの中でジワジワ来ております。

ついこの間、A盤B盤通常盤に文句を言うとったのに、今ではりんご娘が迷っても、オバちゃんが大人買いしてしまう有様ですdollar

先日もネットを騒がせた「大阪全滅」、オバちゃんちもでんがなcrying
お蔭で遠方まで公演を拝見に参る始末となりましたcoldsweats02

おぉ~っと、こちらの世界では、こういうことを書くと『自慢』と見做され、ボコボコな目に合うこともあるようでっせ…オバちゃんちは、そんなん心配ないかbleah

クリークも、この子ら応援したってねhappy01

001