どうでもいい話

2015年9月 9日 (水)

ぎりぎり、セ~フ。

今日は台風17号のお陰でお休みを頂戴しているオバちゃんです。

もっとも12時の時点で暴風警報が解除になったら出社せなばならないんですが。
この状況だとおそらくお休みがもらえそうな感じです。 
 
この2か月ほど、認知症の母が具合を悪くし入院中です。
認知症で身の回りのことが何一つ自分で管理できないので、毎日会社帰りに夕食の言葉掛け(何やかんや言葉を添えないいと食事を摂ろうとしない)や看護師さんが替えてくださったパジャマなどの洗濯物の引取りに行っています。ここで夕飯の支度は子どもがやってくれています♪とでも書けたらいいんですが、世の中、そう甘くなく、しつけに失敗した我が家の夫やりんご娘はお腹が空いたー!とただ待ってるだけ…crying 結局、母の病院から19時過ぎに戻るとバタバタ食事の支度をして、オシメのお世話になってるのに何故か糞尿まみれのパジャマを洗濯する毎日です。
たまには交代を頼みたい実妹はこれまた簡単ではない病気で正月から入退院を繰り返している有様なのでそれも叶わず…ホンマ、橋田壽賀子先生にでもネタを提供したいトコでっせ~sign03 ちなみに実の兄と弟はそれぞれ40代の若さで、病でなくなっています。どうです?不幸でしょ?
 
あ~、またまた脱線です。
今日のネタはこんなお話ではございませんでしたcoldsweats01
朝から発令中のtyphoon暴風警報typhoonのお陰で会社が出社停止中のオバちゃん、ネットで台風情報の確認がてら朝からPCで遊んでおりました、そうBSで韓ドラを観ながら。
韓ドラと言えば、りんご娘が幼い間は専業主婦をしていたオバちゃんがハマっていたもの。
このしがないブログを始める切っ掛けとなったのも
このどんさま。

6

とある韓ドラでこのどんさまにハマり、FCに入会しょうとするととあるサイトでブログを開設せねば入会できない仕組みだったから。で、このどんさまの話題を語り合おうとブログを始めたのが切っ掛けでした。
どんさま、そのドラマ以降、イマイチ、パッとせず、最近では書く話題もなくとんとご無沙汰しておりますがcatface
で、今日は降って湧いたお休みを良いことに朝からどんさまの近況を辿っていたら、数年ぶりにドラマに出演してましたhappy01

Photo

どんさまもようやく?!オトコマエ路線に見切りをつけたのか今回はぶっ壊れたキャラクターを演じたとのこと。これは観ねばなるまいとDVDを探しました。
が、なかなか見つからずあきらめようとしたとき、とあるネットショップがヒット、なんと送料無料の激安DVDとして引っかかりました。

Photo_2

格安 DVD-ドラマDVD,格安DVD販売専門店 - www.netofok.com
 
これはラッキーnoteと思った時にオバちゃんのショボい頭をふとよぎったのは、以前にちっちゃいもんを購入する際、詐欺にあったこと。そう、長らく探していた可愛い犬のフィギュアがやっと見つかり、送金したのはいいものの、待てど暮らせど商品は届かず、不審に思いネットで検索すると直ぐに見つかり、 中国系詐欺サイト、だったことが判明したあの失敗。             
よかった~sad
またまた詐欺に引っかかるトコやった…。
これまで数年、ネットで買い物をして痛い目にあったことがないことをいいことに、ちょっとなめてたよね、ネット取引の怖さを。 
 
前回の被害が5000円ちょっと。
ええ勉強をさせてもろたと何もせんとこと思っていたのですが、子どもに泣き寝入りするのを見せるのは良くないと警察に出向きました。色々事情を聞いていただいたのですが、正式に被害届を出すには相手に内容証明を送ってみることと、銀行から、振り込みをした証明をもらってくるように言われ、両方とも会社を休んでしかできないことなので二の足を踏んだまま、の状態です。相手に住所や電話番号を知られているので、被害届を出したことで逆恨みされないかというのも心配やったし、ね。
この時も振り込み先が中国名なのに少し引っかかったけど、天下のみ○ほ銀行が振込先だったので、口座開設時に身元確認してるだろうし大丈夫、と勝手に高を括ったのがあかんかったんです。yahooオークションでは中国の方と問題なく取引したこともあったしね。 
とにかく、このサイトは要注意ですよsign03
よくよく見ると「お届けます」とか「詳しは」とか、サイトの日本語がヘン。
日本人名で男か女か判別しがたい「責任者」名と電話番号が書いていないのもそっくり。
こんな人通りの少ないブログではお役に立ち難いと思いますが
 
皆さん、気を付けておくれやっしゃ~!!!
・・・こんなバカはオバちゃんだけかsign02

2015年5月 7日 (木)

馬鹿!バカ!ばか!

連休もやっとこさ終わりましたね、皆さんいかがお過ごしだったんでしょうか。

母が認知症になってしまい、跡を取るはずだった男兄弟は病死してしまい、住む者が居なくなった実家を手放してしまったオバちゃんにはGWだからといって帰る実家もありません。夫のほうはもっと早くに二親とも亡くしてるしね・・・だから、実家へ帰るために渋滞に巻き込まれる、なんてことは、ホント、幸せなことだよねぇ~なんて思いながら連休を過ごしたオバちゃんです。

そこへ、最近、いまやたったひとりの姉妹となってしまった妹が、簡単ではない病気に罹ってしまいましてね・・・もう、橋田壽賀子にネタでも提供したい心境ですがな。

現実生活で結構、ツラい状況のところへ、クリークのことでもちょっとばかし出来事がありまして・・・すっかりブログから遠ざかっておりましたが、でもこっちはちょっとうれしい結末を迎えそうなので久しぶりにアップしてみた次第です。

というのも、ちょうど前回のブログをアップした頃に、クリークの大事なものがオークションにかけられましてね・・・。以前にも言いましたが、オバちゃん、クリークに関するお宝を求めてもう何年もヤフオクでお世話になっております。前にイナリワンのメンコが出品されたときなどは他馬事ながら羨ましくて ”コレがクリークのものだったら、ダンナを質に入れても欲しい~!”と思ったもんです。今回のクリークの出品物はそれよりもずーっとずーっと貴重なシロモノ。出品者によるとクリークの馬主家族に委託されての出品、とのこと。

・・・オバちゃん、コレばっかりは欲しい!とは思えませんでした。

むしろ、こんな大事なものが出品されるなんて・・・とショックでした。

オバちゃんの思い違いでなければクリークの馬主だった方はクリークの引退後、ご自身の事業が傾かれ、その後、亡くなられた筈。奥様だった方も数年前にやはり亡くなったように思う。今回、オークションに出品されたのはクリークが現役の頃、度々、競馬場で見掛けたあのお子様たちなんだろうな。あの時、一家であんなに誇らしげだったのに、あの思い出を売っちゃうの?あのお父様のうれし涙を売っちゃうの?…ショックでした。

オバちゃん、ウヨクでもなんでもないけど、あのお方から下賜されたモノをオークションに出品するちゅうのは如何なもんかいな・・・。そう、今回の出品物はあるもんとあるもんの抱き合わせ出品でした。下賜されたもんちゅうのは名前が刻まれていないので、この2品は一緒でないと意味がないのかもしれないけれど、これは貰った人が持たないと意味がないんちゃうの? 

クリークのお宝が散逸しているのは知ってました。オバちゃんのお宝・蹄鉄も破産管財人から譲り受けた、という方から譲り受けたシロモノです。こんな散逸したお宝なら、ぜひ欲しいんです、オバちゃん。でもこんなふうにその戦火?!を避け、大事にされたお宝を馬主であったお父上亡き今になってオークションに出品なんて・・・アカンやろ・・・。

当初、国産の普通車が買えるくらいのお値段が付いていたんですが、一か月しても買い手が付かず、軽自動車ぐらいのお値段に修正されたもののやはり買い手が付かず、そのお宝はオークションから取り下げられました。ご出品者さんには申し訳ないけど、ホッとしました。

オバちゃん、買う人が現れるとしたらそれはオバちゃんやろうという自負があります。でも買えんかった・・・。これはやっぱり馬主さん(そのご家族)が持つべきものでしょう・・・。こんなん、おカネで手に入れても何の意味もない・・・。

それともうひとつ、購入を思い止まったワケは、” オバちゃんが死んだあとのお宝の行く末 "でした。オットもムスメもケイバに全く関心のないオバちゃんち、オバちゃんが死んだあとのこのお宝の扱われ方を思うだけで死んでも死にきれん・・・。

クリークの馬主さんのご家族、どうかどうか、売ってしまうくらいなら、お父様の近くにでも埋めてしまって欲しい・・・。万が一にも再値下げしてオークションに現れることのないことをただただ祈るオバちゃんです。

で、やっとこさの本日の話題

クリークのお宝を落札しなかったことで、なんだかすんごい節約を果たした気分になり、最近、財布のヒモが緩くなってるオバちゃん。この連休中に出掛けたスーパーで、オバちゃんが只今、蒐集中の「寝」シリーズの新作を発見eye 今回のお題は「ひまなの寝」

売り出して間もない上に6種類しかないので10回もガチャガチャするとコンプリートするんではheart01と軽く考えたのが間違いでしたcrying

003

004

005_2

006

007

008

009

あっ、かんぱち人形だけ取り換えて写真撮ってるんちゃうの?って疑いましたねgawk

ホンマでっせ、コレ。

010

011

13回ガチャガチャ回して当たったのが

象 7頭

熊 3頭

犬 2匹

オラウータン 1頭

以上の結果でした。

・・・欲しかった猫は出ず、結局猫とハリネズミはオークションで手に入れる羽目になりました。

最初からオークションで買えば良かったんだよ~~~馬鹿!バカ!ばか!

013

・・・でも、今回のは可愛いデキだから、まっいっかhappy02

2014年12月18日 (木)

オバちゃん、荒んでます。

子どもがファンになって、というひょんな理由からオバちゃんまでもが巻き添えファンになってしまったかんぱちさん。

この世界を覗いて一番、びっくりしたのが高年齢ファンの多さ、です。

ココでは「オバちゃん」などとは言わず「BBA」と言うそうですよ、有体に言うと「ババア」ね。

オバちゃんもまだ2回しか覗いたことがないですが、ライブのお客さんに占めるオバちゃん率は30%くらいかな。明らかにオバちゃんと同じくらいの年でしょ!って感じの女性が、ね。みんなオバちゃんと同じく子どものお目付け役かと思いきや、なんのなんの、オバちゃん同士でつるんで来たはりました。

先日の札幌の時のお隣もこの「BBA」さん。
開演1分前くらいにドタバタと2人連れでお越しになって、唄って踊って笑って、終演すると規制退場のお願いも受け付けず、とっととお帰りになりました。ひとつ不思議だったのが、スマホとペンライト以外の荷物をお持ちでなかったこと。荷物はどこに置いて来やはったんでしょうね。

他に、前の席にオバちゃんと同い年臭を漂わせた方が娘さんらしき人といらっしゃったのですが、こちらは娘さんらしき人は冷めた様子で座りっぱなしだったのに、お母さんらしき方は、全曲振り付きで大ノリノリ、面白かったです。

オバちゃんすっかり、ライブにおけるBBAの生態観察にハマってしまいましたhappy02

それと、かんぱちさんファンの方のブログをイロイロ覗いているうちに、BBAファンの方が書かれたブログを幾つか見つけまして、これが内容はさておき、面白いんですね~smile

対岸の火事と言うのか人の不幸は蜜の味と言いますか、えらいやりたい放題・言いたい放題書いたはるな~と思って読んでたら、やっぱり突っ込むコメントが来て、さすがにBBA、冷静を装って「すみません」をおっしゃるんですが、言外にイヤミが満ち溢れていて、読んでるだけの身にはたまらん面白さです。

競馬の世界の掲示板なんかはやはりお若い方が多いせいかモロに罵詈雑言の浴びせあいとなり、読んでいるだけでも物悲しくなったもんですが、こっちはお若い方は主にラインでおつるみになるんで、ブログでたらたらやってらっしゃるのは大抵、お年を召したお嬢さん方なので、もめ方もオバちゃんにはたまらん面白さsmile

でも、ひとつ引っかかるのがこのBBAブロガーさんのうちのおひとりが、なんと今回のかんぱちさんのライブの東京公演3回に皆勤したそうなんですよ、どしたの?

オバちゃんちはりんご娘が今年の2月にファンクラブに入会。8月の十○に全会場の4公演第一希望で応募してやっとこさ1公演、当たりました。これでもファンクラブ入会後の初公演だったから「初めてのファンにオマケ」という枠に入れてもらえたからなのでは、とジャニーズ通の人から言われました。言われてみるとりんご娘なんかよりず~っと前からファンだったお友達は4公演、いずれもハズレでしたしね。そんでもって今度のツアー、全13公演やはりすべて第一希望で応募して北と南で2公演当たりました。そんな状況のなか、3公演を地元で当てるって、いったい…。

①くじ運がよい
②人脈を生かしコネで譲ってもらった
③財力にモノを言わせオークションで手に入れた

ライブの感想は人それぞれなんで別に公表してもらわんでもエエけど、このチケットの入手方法を教えて欲しいもんやね。

…えっ、オバちゃんがなんか荒んでるって?

う~ん…当たらずと雖も遠からず、ってトコかな。

りんご娘の受験がほぼ終わりました。

試験はまだなんですが落ちっこないような学校の受験を決めたので、風邪でもひいて試験を受けられなくなる以外、もう終わりって感じですね。

あと3分の力を出せばワンランク上の学校も受かるのに、と親は思うのに、子どもは6分の力で受かるような学校を選択したんですね…shock

まぁ私立なんてコネでも有ればオマケもしてもらえようものを、コネも人脈ももたないオバちゃんでは何の援護射撃もしてやれんのだから言うてもしゃあないんですけどね。

でも学校の進路指導にもホント、驚きました。
オバちゃんの頃だと無理めの志望校なら、頑張りやー!と励ましてもらえたもんですが、この頃は「絶対、アカン」と言われるそうです。オマケに「やっと受かったとしても3年間、大変なだけや」と説得されて来ました。

良く言えば不合格者を出さない配慮となるのでしょうが、頑張る機会も与えないでエエのんかな…。もし、失敗したらあとはこんな道もあるって相談はさせてももらえんもんなんかな…。もう、これで行きますという誓約書みたいなんを書かされたので何を言ってもしゃ~ないし、なによりも子どもが選んだことなんですけどね…。

なんやかんや言うても、オバちゃんが子離れ出来てないんやとシミジミ思ったこの数日間でした…。これからはオバちゃんの楽しみに生きるぞーsign03

…さて何しよ? クリークは遠くに行っちゃったし、なweep

2014年9月15日 (月)

これ以上は何もありまへんで。

なんか、落ち着かん気分。

このしがないオバちゃんちをこの10日ほどで1500人ほどもの人が見に来てる?

ブログのサイトの「アクセス解析」っちゅう機能でみると、オバちゃんとは無縁の「iOS」だとか「Android」なんて言う機器を使って見に来てくれている人が圧倒的…こりゃやっぱりアレのせい?

で、ヒトを騙している気がして落ち着かんので、前回のブログで書くと言ってたあのことを、とっとと書いてしまうことにしました。

そう、オバちゃんは先月末にとあるアイドルグループのライブというやつに、生まれて初めて行ってきました。

オバちゃんちのりんご娘が今年の初め頃から急激にファンになり、ライブに行ってみたいと願っていたところに彼らのグループ結成10周年のお祭りライブが決定、一か八か東京・大阪での計4回のステージに申し込み、大阪の最終公演にやっとこさめでたく当選と相成り、観に行ってきた次第です。

オバちゃんと言えば好き嫌いが激しいのは音楽と言えど変わらず。
もう何十年前になるんだかアリスの解散コンサートに誘われて行ってはみたものの、途中で爆睡してしまったくらい。

でも、このライブにその心配はないことは知ってました。それどころか、最近のライブはほとんど立って聞かねばならないことを予習していたライブのDVDで学び、寄る年波からこの頃では長いこと立ってるのがめっぽうツラくなってきたオバちゃん、最後まで立っていられなくて、座って周りのファンから責め立てられるのではsadと恐る恐る観に行った次第です。(これまでオバちゃんが行ったことのあるライブはいわゆる「コンサート」と言われる終始、着席して聴くものだけ)

それと心配なことはもうひとつ。
他のアイドルグループのライブはどうなのか全く存じませんが、このグループのライブでは最後にファン同士が手をつなぐ、という儀式があるのです。オバちゃん、決して潔癖症なんちゅうもんではござんせんが、それでもやっぱり、全く見知らぬお方と手をつなげ、と言われても躊躇しますよね。それは「お隣さん」も同じはず。それこそ隣に潔癖症の方がいらして、「こんな場違いなオバちゃんとは手をつなぎたくない」と思われつないでもらえなっかたりして、これまた周りのファンから怒られるんではdespairとビビッていたのでございます。

で、結果はと言うとそんなもんは全くの杞憂に終わりましたcoldsweats01

まず、ライブ中には思いのほか、お座りタイムがございました。
17:30から20:30の3時間の間で4,5回、計30分は座れてたと思います。
なんか、基本、唄ってない(お芝居やMC)間は座っててもええみたいです。
そしてもうひとつの懸念材料、最後の手つなぎ万歳儀式も、お隣にものすご~く感じの良いお嬢さんが大当たり、生まれて初めてと思うくらい柔らかなおててとつないでもらいましたhappy02

ぜ~ったい読んでもらえんと思うけど、あの時のお嬢さん、ホントにありがとnote
あなたのおかげでライブのイメージがほんと、良いものになりました。

あと、感心したのは会場に集まったファンが持つペンライトの美しさ。
一人一個は持ってるのでは?と思われるほど万遍なく隙間なく、ライブ中、美しく点灯しておりました。それと、「満員」と発表されてもところどころ空席があるのがイベント事の常だと思っていましたが、ホントに満員でした、圧巻でした。オバちゃんは持ったんかって? りんご娘指導のもと、前日のグッズ購入で仕入れておきましたがなーbleah
周りのファンのみなさんからお叱りを受けんように、ライブ中、ず~っと持ってましたで。
ただし、こっぱずかしくてよう振らんかったけどねcoldsweats01

そうそう、関西のケチなオバちゃんとして、このライブに払ったチケット代分の価値は有ったか?と言うモンダイに関しても、充分、満足させていただけました。会場に到着してから入場するまでのスタッフの数、入場してからの会場内のスタッフの数、こんなに雇っていただいて人件費はおいくら?と気になるほどの人数でした。それと5万5000人と言われ、内心ビビッていたトイレ問題、これも全然、大丈夫でしたcoldsweats01 びっくりするくらい仮設トイレが設置されてました。ただし、お若い娘さんたちは仮設トイレがお気に召されんようで、常設のトイレに長蛇の列を為していらしてましたケド。オバちゃんとしてはせっかく○イ○が並ばんでもエエように、と準備してくれた仮設トイレを使わんと、ワザワザ常設トイレに長いこと並ぶなんてもったいないな~と思いました。

てな具合で、ライブは楽しい思い出と相成りました~happy02

…えっ、ライブの内容?

そんなもん、楽しかった~note 以上に覚えてまっかいな。
オバちゃんの席からステージまで直線距離で100メートルくらいあり、それでなくても日頃からメガネなしでは見えんオバちゃん、メンバー全員身長1センチくらいにしか見えんので、殆どステージのモニターを眺めていた状態です。初めに、今日はカメラを入れさせてもらいます、言うたはったし、そのうちまたDVDになって販売されると思いまっせcoldsweats01

と、言うわけでオバちゃんのライブ鑑賞記なんてこんなもんよ、悪う思わんといてね~coldsweats01

001

2014年8月31日 (日)

オバちゃんのツラかった夏 2014

coldsweats01其の1
夏前に危篤になったお祖母ちゃんのお見舞いに行ったのを皮切りに、お葬式と初盆の計3回、認知症の母を連れて、母の里に行ってきました…しんどかったweep

其の2
この夏で部活を卒業したりんご娘がなんだか呆けたようになり、しまいには倦怠感を訴えだしたので病院にいってみると「燃え尽き症候群」と言われました。定年を迎えたおっちゃんじゃあるまいし、ね…困ったgawk

其の3
ちっちゃいもんを買おうとしてネット詐欺に遭いました。被害金額は5712円。振込口座名が外国の方だったので?とは思いましたが、振込先が超一流の都市銀行なので、口座を作る際に本人確認をしているはず、とタカをくくり、振り込んでしまいました。で、待てど暮らせど商品は来ず。警察署に行こうと思いながら、まだ行けていません。 警察に電話で相談した際、なるべく人出の多い昼間に来てほしいと言われちゃって…。5712円の被害届に有給を使って行くのもねぇ…sad

其の4
受験まで半年を切ったこの時期に、りんご娘の家庭教師をクビにしましたdespair
りんご娘の成績が上がらんやないか~なんてクレームつけてのこととちゃいまっせsign03
…以前から、疑惑の家庭教師だったんです。結果的にこの先生からは1年半ほど指導を受けたのですが、この間、親戚や友人の葬式で指導のドタキャンされること数回、「仕事」を理由に指導日を変更されること数十回、指導日の遅刻は日常茶飯事でした。ママ友からは「疑惑の家庭教師」と呼ばれていました。でも、この先生を紹介されたとき、「ものすごく売れっ子の先生なんですがなんとかスケジュールを空けてもらいます」と言われた方だったので、”受験生に力を入れてはるんやろ”と先生を信じて、いよいよりんご娘が受験生になったら力をこっちに向けてもらえるものと、待っちゃったんですね。ところが、一向に遅刻&曜日変更のいい加減さは改まらず…「もう次から来んといてください」になりました。
でもオバちゃんを怒らせたのはその先生ではなく、辞めたいと申し出た際の家庭教師派遣会社の社員です。辞めるには1か月前から申し出なくてはならないのがルールだとは入会時に聞いていました。けど、嫌なもんの思い切りがいいオバちゃんは月謝を来月も引き落としてもらって結構なので辞めます、と言ったらその担当者は何故かエキサイトし出し、「そんな感情的にならないで~」とか言い出し、オバちゃんが「別に感情的になってませんけど」と答えてる途中で、その担当者は電話をぶっちぎりやがったんですよ…。

オベンキョウに猶予のないりんご娘なのですぐさま、次の先生を探しました。
…見つかりました、ケド、お月謝がバカ高い…スーパー家庭教師なんだと…crying

其の5
コレ、行ってきました。

写真は削除 その後も一会場一枚を記念に♡と、撮り続けてたら福岡で叱られまして。
載せるの、止めときますcoldsweats01

半年前くらいからDVDで勉強もし、唄もバンドも楽しめました。
肉眼では身長1センチくらいにしか見えんかったのでほとんどステージの画面を眺めてただけですがcoldsweats01 思ってたより同年輩の人も多く、時々雨脚が強くなったりしたせいで涼しく過ごせ、このライブは楽しかったんですが、前日に行ったグッズ販売がキツかった…despair 一周3キロと言われる公園を1キロは行列したよね…暑かったsad

其の7
これが一番、疲れたな…。
りんご娘の宿題。今年は部活もなく、受験勉強のためにも「手伝わない」と決めていたのに
・平和レポート
・人権メッセージ
・作文
・読書感想文
この4つをどう脅してもやりやがらず、オバちゃんは減点覚悟で放って置いたのに、例のスーパー家庭教師が内申書のために絶対提出させねば!と先生が書き出したのですwobbly

オバちゃん的にはそんなつまらん文章を代書してもらうためにスーパーと呼ばれる家庭教師に来てもらってるんじゃないぞ~sign03ってなもんですよ。…結局、今年もオバちゃんが書きましたがな…。放って置いたので提出期限まで2日しかなく夜中の3時までかかってね…。
翌日の仕事中の眠かったこと…会社さん、勘弁してねcoldsweats01

オバちゃんのツラかった夏は、以上です。

2014年2月 2日 (日)

寝ない映画をしばらく観ない。

「飛ぶ夢をしばらく見ない」って小説がありましたよね、確か。

「しばらくみない」つながりでこんなことを思いました、「寝ない映画をしばらく観ない。」

最近、子どもにせがまれて映画に行くのですが、三本連続で途中で爆睡してしまいました。

2    3   1

いえいえ、どの映画もつまらなかったとか言うんじゃないんです。

子どもが観るには十分、嬉しい気持ち・悲しい気持ちもひっくるめて楽しい映画だったと思います。それぞれの監督さんだって、半世紀を生きたヒネたオバちゃんを対象にお作りになったんじゃないし、ね。お若い方が観るには十分、素敵な作品だったんですよcoldsweats01

オバちゃんだって、友達と初めて一緒に観に行った映画は山口百恵主演の「絶唱」
今見りゃ(昨年、BSで放送されたのを観ました)噴飯ものの場面も無きにしも非ず、あの当時は感動してサントラ盤のLPレコードまで買ったりしたもんです。

子どもと映画に行くのは大抵突然で、部活が早く終わった時。
昨日も5時起きでお弁当を持たせて試合場まで送り迎えをし、早く終わったので映画にでも、となった次第です、で、爆睡しちゃったんですねcrying 

こういうお若い方向けの映画はお友達とでも観に行ってくれりゃいいんですが、子どもは映画鑑賞に係る費用が全部、親持ちで済むのでオバちゃんと行きたがり、オバちゃんはオバちゃんで、オバちゃん自身がお友達と二人で映画を観に行った年齢に、子どもがまだ1歳、達していないので、ついつい連れて行く羽目になってます。

で、つくづく思うんですが、「歳を取る」と言うことは「感動するもんが減る」っていうことなんですかねぇ。

○冠馬の時代が好きか、○強の時代が好きかにもよるのでしょうが、実はオバちゃん、最近引退されたあのお馬さん、そんなに強かったと思えていません。だいたい、○冠馬よりも○強好きなオバちゃん、強い強いと言われても相手がおらんかっただけなのでは?と思ってしまいます。現に「世界」に行っては2着続きやったし、ね。なので、感動するとか言われれば言われるほど、気持ちが引いてしまうオバちゃんです。

でも若い柔らかな気持ちだったらきっと「感動」に浸れんのかなと思うと少しうら悲しくもなりますがdespair

2013年12月24日 (火)

もう一年。

7年の子育て集中期を終え再就職して、明日でちょうど一年になります。

秋になって職安へ出掛けたものの、実際のところ、春位から勤められるようになりゃいいな、くらいに思っていたのがいきなり、希望の事務職で紹介を受ける羽目になりました。

7年のブランクですっかりボケたオツムのリハビリにでもなれば、とダメ元で入社試験を受けてみることにしたのが10月末。

その日の面接で競馬の話が出たんですよね。
趣味は?と聞かれてさすがにクリークに会いに行くことです、とは言えず「牧場に行って引退した競走馬の写真を撮ることですかね」とオバちゃん。

どうやらその面接官が競馬がお好きだったようでニコッと一言、更に聞いて来られました。

「○○さんのおススメの名馬は?」

オバちゃんの答えは言わんでもお分かりですね、もちろん、声を大にして

「スーパークリークでっすsign03

○○歳の、7年ぶりの再就職を目指すオバちゃんが口にする話題ではなかったのですが、そこはリハビリ気分の気楽さ、楽しく面接を終了いたしました。

で、その日の筆記試験の出来とこの面接で受かるわけないやんと思っていたオバちゃん。

入社試験を受けたことも忘れかかっていた11月末、職安から結果を問い合わせる電話を受けて「いゃ~、まだ返事がないんですよcoldsweats01」なんてトボけていたら職安からその会社へ問い合わせてみてもらうことになりました。

その結果が「一次審査は通っている」とのこと。…まだ続いていたのねwobbly

それからはまたまた筆記試験と面接の末、採用と相成りました。

一か月も放っておいたくせに採用が決まってからは急ピッチ。
これでも一応、主婦も兼ねてるオバちゃんなので忙しい年末は避けて年明けからにしてほしかったのに初出社をクリスマスにされちまったんですねweep

それからもう早一年です。

入社半年で早くも異動になり、新しい職場ではまだ半年。
やっと右と左が判った今日この頃ですが、やっぱり家で韓ドラ漬けになっているより建設的な毎日でなんやかんや言うても楽しく働かせてもろてますhappy01

オバちゃんの会社での入力作業時の認証パスワードは「クリークは27日生まれ」heart04
入力作業に取り掛かる度に毎度毎度、「クリークは27日生まれ♪」と呟いとります。
それと内線電話の番号がなんとクリークの誕生日なんでっせ~heart02

と言う訳で、クリークに見守られながら毎日、頑張ってるオバちゃん。
なのに、頑張った褒美に会いに行くクリークはもういない…crying

クリーク、どうか褒美に夢に出て来ておくれ…weep

でもオバちゃん、やっぱり歳のせいか疲れで毎夜、爆睡。夢どころじゃないんだよね…。

堪忍やで…、もしかしたら来てくれてんのかも知れんのにな、クリークsad

2013年12月 7日 (土)

25歳

オバちゃんの3大趣味、クリーク・どんさま・ちっちゃいもん集め。

クリークは言うまでもなくスーパークリーク。

ちっちゃいもん集めは食玩・ぷちサンプルはじめ、とにかくちっちゃいもんを集めること。

そして「どんさま」とは、かの有名な「ヨンさま」の向こうを張って、オバちゃんが韓国の新人俳優さんに名付けた呼称。

そう、何を隠そうオバちゃんは世のおばちゃん族のご多分に漏れず韓ドラが大好きで、それこそ昨年のクリスマスに再就職するまでは、一日だいたい3、4時間は韓ドラを視聴しておりましたtv

あんなに毎日楽しんでた韓ドラを再就職によって見事sign02に卒業したオバちゃんですが、今、たった一本だけ、録画して視聴している韓ドラがあって、それがコレ。

Photo_3

「馬医」 NHK・BS3で日曜21時からやってます。

文字通り、馬のお医者さんから国王の主治医にまで登り詰める男版・「チャングム」と言ったところでしょうか。

こんな風なお馬さんとの絡みを期待して観始めたのにお馬さんの医者だったのは最初の数回、今はお決まりの波乱万丈・権力闘争・好いた惚れたの韓ドラ路線まっしぐらの展開ですcrying

このドラマでお馬さんが針治療で病気を治療してもらうシーンが出てきました。

クリークもデビューがずれ込むほどの下痢をするなど、幼い頃から腸が弱かったようですね。

最後にクリークに会った2010年の8月も下痢だったようで、始終、お腹がゴロゴロ鳴っていて、下痢便が水鉄砲のように出ていました…。

クリークはホントに良くしていただいてて、朝鮮人参なんかも処方していただいたりしたのですが、こんな風に針治療してもらっていたら、もう少し、長生きしてくれてたのかな…なんて考えたりしました…weep

おおっと、湿っぽいお話はこれくらいにして韓ドラにハマるキッカケとなった「どんさま」をご紹介致しましょう。このところ、すっかりどんさまにはご無沙汰してるもんね…。

この方が「どんさま」ことソ・ドヨンさんです。

3

「春のワルツ」主人公ユン・ジェハ役。この当時(2006年)、25歳。

オバちゃんが子どもの頃読んでいた少女マンガから抜け出たような美しさに一目惚れいたしました。

が、このドラマ、視聴率的に大コケ致しまして、その後のどんさまは鳴かず飛ばずの端役人生…coldsweats01

クリークとお別れしたのがクリーク25歳。

どんさまと出会ったのがどんさま25歳。そのどんさまも今は32歳か…。

クリークの32歳って、どんなんやったんやろか…sweat02

どんさまもまさか、あれがピークやったなんてことはないやろ~coldsweats02

クリークが経験できなかった25歳以降の馬生(人生)、どんさま、なんとか花を咲かせておくれ~、なんとなく験が悪いやんかいさーsign03

2013年5月12日 (日)

オバちゃんのGW♪…誰も聞きたくないか(-_-;)

「習うより慣れろ」とはよく言ったもので、子育てと認知症のお祖母ちゃん問題がひと段落し、再就職してから早や4か月余り。

こちらにも情けない弱音のブログを書かせていただきcoldsweats01、その節はお世話になりました。

お蔭様で仕事にも慣れ、やっぱり専業主婦の毎日とは違って張合いのある日々を過しておりますhappy01

通常のGWに加え、オバちゃんの会社は同業他社と合併したことで改修工事が行われていたために、この一週間もお休みでしたsmile

休み前はあれをやろう、これもやりたいといろいろ考えていたのに、結局、出来たのは、オバちゃん三大趣味の一つ「ぷちサンプル」の整理くらいでしょうかsad

「ぷちサンプル」と言うのは食玩(スーパーのお菓子売り場でアメかガムをオマケに売られているオモチャのこと)の一種でドールハウスの小道具に使えるような品々です。

独学ながらドールハウスの勉強を始めた頃に子どもが生まれ、小さな部品を子どもが誤飲しても怖いのでドールハウス作りを封印、代わりにちょうどその頃から販売され出した「ぷちサンプル」を集めだしたのでした。

でもそれはクリークの産駒がてんで走らず、種牡馬として疑問符が付けられ、その去就が取り沙汰された時期でもあり、クリーク以外の「趣味」にのん気にお金を使うということに抵抗があって、ものすごい数のぷちサンプルが販売される中、気に入ったものを少しだけ買う集め方をしていました。クリークの無事を願い何かを我慢するという願掛け気分も有ったかな…weep

そのクリークも2010年に天に召されてしまい、タガが外れたように集め出してしまった「ぷちサンプル」。

それでも専業主婦だった時はそれなりに整理していたのですが、再就職してからは整理する暇はないのに、ありがたいことにお小遣いは倍増、それと言い訳をするようですが、オバちゃん御用達の「ぷちサンプル」屋さんが在庫整理でもされたのか今や廃番となってオークションでさえ、高額売買されているようなお品が大放出heart04、ヘンなお得感に後押しされ?!、毎週通って買い集めているうちに段ボールひと箱分、貯めてしまいました…crying

この「ぷちサンプル」の整理には、マニアの人数分いろんな方法があってオバちゃんも未だに試行錯誤、今回もこれを機会に、これまでは和食・洋食・お菓子…というようにジャンル別で仕分していたものを販売されたシリーズ別に仕分し直したり、と仕分の方法を変えたりしてみました。

オバちゃんの整理法はまず、塗料でくっつかないように小袋で収納。

2013_0511_221945p1070009_2

それをさらにひとまとめの小袋に。

2013_0511_222101p1070010

それを100均のケースに入れて完了shine

2013_0511_221544p1070006

タンスの衣替えもロクにしないオバちゃんなのにこんなことだけは、我ながらマメbleah

内職でもしている気分のGWでした。

今度からはもっとこまめに整理しようっとsad

りんご娘にせがまれて一泊二日の東京行以外はこれといったお出掛けをしなかったオバちゃん。

ネットで二つ、買い物をしました。

2013_0511_192405p1070005

ひとつはこれ。

以前、ネットで売られていた時の半額になっていたので思わず買ってしまいました。

感想は…次回のブログネタにさせてもらおうかな。

そしてもうひとつは

2013_0511_192318p1070004

heart01クリークheart01

これよりもうひとまわり小さなB3判ポスターは、もう20年ほど前に雑誌「優駿」のプレゼント企画に、葉書を147枚書いて応募、なんと2枚も当たって持っているのだけれどこの大きさは初めてheart02

苦労して手に入れた二枚は大事に保管して飾っていないのでこれは即、飾り用にhappy01

実は少し前に、これよりさらに大きなB1判がオークションにかけられていたのですが、終了時刻に寝てしまい、落札できなかったのですcrying

バックや宝石なんかはこれっぽっちも欲しいと思わないオバちゃんですがクリークなら何枚だって欲しい~sweat01

またB1判がオークションにかけられることを願って、今日もクリークもんのオークションパトロールに励むオバちゃんですcoldsweats01

2013年1月14日 (月)

再就職はしたけれど…。

despairすっかりご無沙汰しております。

実は昨年末に再就職しておりました。

 俗にいう「一年の壁」を乗り越えられず、7年前、りんごの就学に伴い、専業主婦となったオバちゃんでしたが、そのりんごも中学生となり、認知症で一人にしておけなかった母も特養に入所できることとなり、地区で受けている役員の主な仕事が片付いた昨年秋に就職活動を始め、この春からでも働ければな、なんて考えていたところ、幸か不幸か一社目で採用試験に合格、この歳で、この不景気でそうそう我儘も言えまいと、すこし不安もありましたが思い切って働き始めました。

すこし不安だったというのが

①7年振りの再就職となり、体力的・能力的不安があるので、ホントは1日、数時間のお仕  事が希望だった。

②子育てひと段落、母も特養に入所できたとは言え、娘も母も付き添って通院させねばならない持病があり、休みの取れやすい職場環境のところが希望だった。

この2点をしっかり確認できない状況のまま、採用に応じた点でした。

 ①については自分の頑張り次第で何とかなるかということ、②については不採用になろうとこれだけは言っておかねば、と2度の面接で再三、オバちゃんがこういう環境であることを訴えたうえでの採用だったので、認めてもらえたのだと解して決めたのですが、就職して8日が過ぎましたが、今見えている状況ではこの不安点が諸に不安として表面化しています。

 長引く不景気でどこの企業も人件費節約、なのでしょうが、まず引き継ぎ期間が3日と正月休みを挟んで4日の7日間でした。仕事量によるでしょうがこれって今は普通なんでしょうか?

 会社全体の仕組みや作っている製品の説明や、待遇面での説明は職場に配属される前に丸1日掛けて本社の人事部の方が説明してくださり、スタートはまぁまぁと喜んでいたのも束の間、2日目から、実際の職場に配属されたものの、そこは製品を作っている現場のど真ん中の現場事務所、各部の作業長が5人、工程管理者が2人の職場、すべて男性で女性は私1人という環境の職場でした。

 もちろん職安から提示を受けた時点で女性が少ない職場であることは資料で知っていましたし、男性何百人のうち、女性の事務員が数人であると言うことは知っていました。でも提示された資料の数人は同じ事務所で働く人数なんだと思っていました。職安の方に確認した時もそんな感じの返事だったし…。ところが実際は各部門、多いところで2名、あとは1名づつという環境だったのです。これって無茶苦茶、休みを取りにくい環境やんかいさぁ~!

 そしてそして肝心の仕事内容なんですが、慣れて落ち着けばそうそう小難しい内容の仕事がないのでなんとかやっては行けそうなのですがなんせ、5人の作業長が持て余した雑用を引き受けるような形なのでお仕事の種類が多い!その上での通常の庶務事務もあり、でなかなかの仕事量です。それと自社製品の内容が全く分かっていないので用語一つに躓き、慣れてしまえば単純な入力作業も、どこから拾ってくる数字なのかを確認するのに時間がかかるので引き継ぎ終了時点で一人でこなし切れていません。
 

 面接の際の仕事の内容は出・退勤の管理と通常の庶務事務と言う説明だったのですが
実際は工数管理のお仕事や納品書の検収作業がメインでした。
 

 オバちゃんのこれまでの経験ではまず引き継ぎの説明を受けて何日か一緒に作業した後、「では今日からは一人で」と前任者に言われてから引き継ぎ者が作業する、という感じでこれまでやってきましたが、今回の前任者、一日目に説明をした入力作業を、二日目は急ぎますから、と質問してもとにかく入力してしまいましょうと言うままに入力させられ、三日目・四日目・五日目・六日目と別の仕事の説明を受け、六日目の帰り間際に一日目に説明した作業はやったか?と問われ、初めてもう全てを引き継がれていたのだと知りました。
 そして七日目に出社して言われたのは「上司が入力作業は上司がすると仰いましたのでもう結構です」との言葉。

これってオバちゃんに「能力なし」のレッテルを貼り付けたってこと????

それとも親切心からお仕事を減らしてくれたの????

何時の間に全てを任せてくれたの????

一言、「今日からは全てやってみてね」の言葉掛けがあるのが常識と思うオバちゃんが非常識????
 

 という以前に、まだ引き継いでいない仕事、前任者に「これは実際、仕事を依頼されたときに依頼者に聞いて処理してください」と言われた仕事が引き出しに何枚ものメモ書きで残されたんですよ~、こんな引き継ぎって今じゃ常識なの???

 りんごが保育園のときには、りんごの体調に合わせで数回、職場を変わったので何度か前任者からの引き継ぎを受けた職場はありました。中には仕事全部の引き継ぎを受けきれずに前任者が退職された会社もありましたが、そんな時はすぐに聞ける上司がいらっしゃいましたが、今回の職場は上司に当たる方は別の事務所に席があり、すぐに聞ける環境になく、また前任者自身もこの職場に6か月在席されただけ、ということで、少し突っ込んだ質問をするとすく上司に聞いてくれ、と言うことでもうひとつ納得のいく引き継ぎが受けられた状況ではありませんでした。

 引き継ぎをしてくださった前任者が派遣会社からの派遣社員の方で、オバちゃんが1年ごとの契約社員とは言え、曲がりなりにも「社員」での採用ということで前任者の方はお気を悪くされたのか色々とすっごく不親切な引き継ぎ、でしたしね…crying

 ご自分のことをO型でサバサバしていると仰る前任者、良くいえばクドクドと説明が長くない、のですが有体に言えばそっけなく説明不足、A型の長女でおせっかいなオバちゃんとは相反する性格のせいか、オバちゃんから言わせて頂ければ「もう少し、詳しく説明しろよ~」って感じでした。しかし去る人に多くを求めるのも無理な話なのは年の功で理解出来ますので、今は、一人で仕事をすることになる明日から、一から勉強しなおすつもりで頑張ろうと自分に言い聞かせているところなのですが、実際は登校拒否児童のように"あぁ~嫌だ嫌だ!行きたくな~いweep"と独り言を呟きっぱなし…。

 

 でも、こうして書いて少しは気が゛晴れました。

52歳の7年ぶりの再就職が甘くないことは承知していたはず、頑張れオバちゃん。

取り上げられた仕事だって、プライドは傷ついたけど、オバちゃんのプライドなんてナンボのもん、楽になるんだと解して喜ぼう。いつか「アレ、やりましょか?」と言ってやるど~!

それでは、また不満が募ったら発散させて頂戴ねsad

より以前の記事一覧